鳴尾記念の簡単な血統分析

おはようございます

今日は今週行われる重賞

鳴尾記念

の簡単な血統分析をしたいと思います

 

 

鳴尾記念の簡単な血統分析

2018年

1着リーガルランサム(米国ミスプロ)×インリアリティ

2着タートルボウル(欧州ノーザンダンサー)×サンデー

3着ステイゴールド(サンデー)×欧州ノーザンダンサー


2017年

1着ステイゴールド(サンデー)×欧州ノーザンダンサー

2着ディープ(サンデー)×欧州ノーザンダンサー

3着ブラックタイド(サンデー)×ロベルト


2016年

1着ディープ(サンデー)×トニービン

2着ディープ(サンデー)×米国ノーザンダンサー

3着ブラックタイド(サンデー)×ロベルト


2015年

1着キンカメ(欧州ミスプロ)×サンデー

2着ハーツ(サンデー)×米国ナスルーラ

3着ロブロイ(サンデー)×欧州ノーザンダンサー


2014年

1着ジャンポケ(トニービン)×サンデー

2着シングスピール(欧州ノーザンダンサー)×米国ミスプロ

3着デュランダル(サンデー)×トニービン

 

 

過去5年1着〜3着までの父系、母父系の系統です

15頭

サンデー系12(父10母父2)

ノーザンダンサー系7(欧州6米国1)

ミスプロ系3(欧州1米国2)

ナスルーラ系4

ロベルト系2

 

サンデー系の好走が多く、欧州ノーザンダンサーナスルーラ系も多く、ミスプロ系はあまり相性が良くないですね

 

ここで、今回狙いたい血統は

父サンデー系×欧州ノーザンダンサーorナスルーラ

です

該当馬は

ラチナムバレット

ユウチェンジ

この2頭です

 

鳴尾記念では血統分析では、この2頭に注目したいと思います