セントウルSの簡単な血統分析

おはようございます!

今日はセントウルSの簡単な血統分析をしていきたいと思います。

 

 

 

 

セントウルSの簡単な血統分析

2018年

1着アドマイヤムーン(米国ミスプロ)×欧州ナスルーラ

2着ショウナンカンプ(バクシンオー)×マイネルラヴ

3着サクラバクシンオー(バクシンオー)×米国ノーザンダンサー


2017年

1着アドマイヤムーン(米国ミスプロ)×欧州ナスルーラ

2着メイショウボーラー(ヘイロー)×欧州ノーザンダンサー

3着アルデバラン2(米国ミスプロ)×サンデー


2016年

1着バクシンオー(ナスルーラ)×欧州ミスプロ

2着ヨハネスブルグ(米国ノーザンダンサー)×サンデー

3着マイネルラヴ(米国ミスプロ)×ナスルーラ


2015年

1着スタチューオブリバティ(米国ノーザンダンサー)×サンデー

2着ディープ(サンデー)×米国ノーザンダンサー

3着ディープ(サンデー)×米国ノーザンダンサー


2014年

1着クロージングアーギュメント(インリアリティ)×米国ミスプロ

2着アドマイヤムーン(米国ミスプロ)×バクシンオー

3着ダイワメジャー(サンデー)×欧州ナスルーラ

 

 

過去5年1着〜3着までの父系、母父系の系統です

15頭

サンデー系6(父3母父3)

ノーザンダンサー系6(欧州1米国5)

ミスプロ系7(欧州1米国6)

ナスルーラ系7

 

サンデー系の好走はあまり無く、非サンデー系の活躍が目立ちます

ノーザンダンサー系、ミスプロ系、ナスルーラ系とそれぞれ同じくらいの好走馬を出しています

 

ここで狙いたい馬はシンプルに非サンデー系を狙ってみたいと思います

父、母父共にサンデー系では無い馬は

タワーオブロンドン

マテラスカイ

ミスターメロディ

モーニン

ラヴカンプー 

イベリス 

 

6頭が該当

ここから少し絞るなら

このレースなら、このレースストームキャット系の好走が多く、あとはニジンスキーの血を持つ馬の好走も多いです

 

上記6頭の中でストームキャットニジンスキー両方を持っている馬は

マテラスカイ

ミスターメロディ 

この2頭です

 

なので、血統分析からこの2頭に注目したいと思います