富士Sの簡単な血統分析

おはようございます

今日は今週行われる富士Sの簡単な血統分析をしていきたいと思います

 

先週は秋華賞府中牝馬Sで血統分析で注目した

シャドウディーヴァ4着

シゲルピンクダイヤ3着

フロンテアクイーン2着

と人気薄ながら、まずまず好走してくれたので今週も楽しみです

 

 

 

富士Sの簡単な血統分析

2018年

1着ハーツクライ(サンデー)×米国ミスプロ

2着ディープ(サンデー)×欧州ノーザンダンサー

3着ディープ(サンデー)×欧州ノーザンダンサー


2017年

1着キンカメ(欧州ミスプロ)×サンデー

2着フジキセキ(サンデー)×ナスルーラ

3着キンカメ(欧州ミスプロ)×インリアリティ


2016年

1着スニッツェル(欧州ノーザンダンサー)×サンデー

2着フジキセキ(サンデー)×ナスルーラ

3着ディープ(サンデー)×米国ミスプロ


2015年

1着ディープ(サンデー)×米国ミスプロ

2着ディープ(サンデー)×米国ノーザンダンサー

3着ローエングリン(欧州ノーザンダンサー)×サンデー


2014年

1着ディープ(サンデー)×米国ノーザンダンサー

2着キングヘイロー(欧州ノーザンダンサー)×レイズアネイティヴ

3着アグネスタキオン(サンデー)×欧州ノーザンダンサー

 

 

過去5年1着〜3着までの父系、母父系の系統です
15頭

サンデー系13(父10母父3)

ノーザンダンサー系8(欧州6米国2)

ミスプロ系5(欧州2米国3)

ナスルーラ系2

 

父サンデー系がかなり強く、欧州ノーザンダンサー系の好走も多くこの辺りに注目したいと思います

 

また、ボールドルーラー系、グレイソブリン系、ニジンスキー系、ネヴァーベンド系の血を持つ馬の好走も少なくはなく注意が必要です。

 

以上の事を踏まえて、今回狙いたい馬は

父サンデー系×欧州ノーザンダンサー

です

該当馬

カテドラル

レッドオルガ

2頭が該当しました

なので、今回はこの2頭に注目したいと思います