ユニコーンSと函館SSの最終予想

ユニコーンS函館SSの最終予想です

 

ユニコーンS

◎ノーヴァレンダ

ダイワメジャー×クロフネの配合

サンデー系の好走は多いが、米国ノーザンダンサー系の好走はあまりなくどちらかと言うとミスプロ系の好走が多いレースで少し割引も、追い切り内容がかなり良く、1週前、最終追い切り共にかなりの好時計を出していて、最後の伸びも申し分ない内容でかなり体調は良さそうな印象

このメンバー相手にどこまでやれるのか楽しみ

外枠もプラスなので、1発狙いたい

 

○ヴァイトブリック

▲デアフルーグ

△デュープロセス

△ダンツキャッスル

 

 

函館SS

◎タワーオブロンドン

レイヴンズパス×欧州ナスルーラ系の配合

このレースではボールドルーラー、リボー、ネヴァーベンド系の血を持つ馬の好走が多く、この馬はその全てを持ち合わせているので、血統的にかなり楽しみ

追い切りの内容も良く、1週前では馬なりで好時計を出しており、最後までしっかりと伸びている印象で体調は万全であとは斤量だけか

 

アスターペガサス

▲ダイメイフジ 

△カイザーメランジェ 

6月16日の競馬 函館SS プロキオンS

おはようございます!

今日は6月16日 函館SS プロキオンSがあります

 

ては、今日も頑張っていきましょう!

 

 

本日の調教ランクA

東京

11R

ノーヴァレンダ


阪神

3R

ブルベアペスカ

相手

4.5.6.

 


7R

クインズカトレア

相手

4.5.8.12

 


9R

ウラガーノ

相手

1.2.4.5.8

 


10R

エオリア

相手

1.3.4.6.8.9

 


12R

ロードアクア

相手

1.4.5.9.12.14

 


函館

1R

スギノヴォルケーノ

相手

4.6.8.10.14

 


5R

ヴァクストゥーム

相手

1.6.7

 

 

12R

ノーブルカリナン

相手

2.3.4

 

これで勝負します

6月15日の競馬

おはようございます

今日は朝からなんだか、今週出走馬の約150頭がサプリメントから禁止薬物が検出され、出走取り消しで大変な事になってます

 

狙っていた馬が何頭か取り消したのですが、残った馬で馬券をとりたいと思います

 

 

 

では、本日の調教ランクAです

阪神

2R

メイショウクサブエ

相手

1.4.5


7R

ガールズバンド

相手

1.6.7.9.12


11R

エンゲルヘン

相手

3.4.6.13


12R

シェパードボーイ

相手

3.4.8.9.13

 

それでは、今日も頑張っていきましょう!

 

ユニコーンSの簡単な血統、調教評価

おはようございます

今日はユニコーンSの簡単な血統、調教評価をしていきたいと思います

 

 

 

ユニコーンSの簡単な血統、調教評価

総合評価B

ヴァイトブリック

血統A

調教C

シンボリクリスエス×アドマイヤベガの配合

シンボリクリスエス産駒はこのレースで相性がよく、過去5年で3頭の好走があり、その内2頭が優勝している

今年は好走の多い、ダート型サンデー系の出走はなく、血統的にはこの馬を狙いたいところ

 

追い切りの内容はまずまずといったところで、重賞では、少し物足りないが、あまり調教では動くタイプの馬では無いのでいつも通りといったところで、力は出せる状態にはありそう

 

 

ノーヴァレンダ

血統C

調教A 

ダイワメジャー×クロフネの配合

サンデー系×米国ノーザンダンサー系の組み合わせで、このレースではノーザンダンサー系の好走があまりなく、その点少し割り引いてのC評価

だが、ゴールドアリュールカネヒキリなどの中距離のダートに強いサンデー系の好走が多いレースで、今年出走馬はなく、この馬にもチャンスはありそう

 

追い切りの内容はかなり良く、1週前ではCWで、80秒を切るかなりの好時計を記録

最終追い切りでも好時計を出しており、完全に仕上げてきている印象

人気になりそうな2頭はかなり強そうだが、調子の良さで逆転まで期待したい所

 

 

総合評価C+

ヴァニラアイス

血統C

調教B

 

ディファレンス

血統C

調教B


サトノギャロス

血統C

調教B


ダンツキャッスル

血統C

調教B


デアフルーグ

血統C

調教B


デュープロセス

血統C

調教B


ニューモニュメント

血統C

調教B

 

総合評価C

アシャカトブ

血統C

調教C


イメル

血統C

調教C

 

エルモンストロ

血統C

調教C


オンザウェイ

血統C

調教C

 

ロードグラディオ

血統C

調教C


ワイドファラオ

血統C

調教C

 

最上位評価はBランクのヴァイトブリックとノーヴァレンダでした

 

函館SSの血統、調教評価

おはようございます

今日は函館SSの血統、調教評価をしていきたいと思います

 

先週マーメイドSでは

血統評価A

サラス 1着 7番人気

調教評価A

スカーレットカラー 3着 5番人気

高評価馬が好走してくれました

今週も楽しみです

 

 

函館SSの簡単な血統、調教評価

総合評価 B+

タワーオブロンドン

血統A

調教B

血統はレイヴンズパス×欧州ナスルーラ系の配合

このレースを好走する上で重要なボールドルーラーの血を持っていて、さらに好走の多い、リボー、ネヴァーベンドの血を持っている点かなり評価が高い

父系、母父系どちらかがナスルーラ系の馬の好走も多いためこのレースに対応できそう

 

追い切りの内容もかなり良く、1週前の美浦Wでの追い切りは好時計を出していて、最後^_^でしっかりと伸びている印象で、楽しみ

最終追い切りも軽めながら、ラスト12.2秒でまとめていて体調は良さそうで、好走に期待したい

 

 

総合評価B

ライトオンキュー

血統B

調教B

シャマルダル×レイヴンズパスの配合

この馬もタワーオブロンドンと同じく、ボールドルーラー×リボー×ネヴァーベンドを持っていて、このコースの適性はありそう

非サンデー系ながら、米国ノーザンダンサー、米国ミスプロ系の好走も多いため、血統的には狙ってみたい馬

 

追い切りの内容はかなりよく、函館Wで、63.6秒とかなりの好時計で、最後も12.3秒のかなり良く、体調は万全

準オープン上がりでどこまでやれるかだが、体調の良さでどこまでできるか楽しみ

 

タマモブリリアン

血統B

調教B

ダンスインザダーク×ストームキャットの配合

サンデー系×米国ノーザンダンサー系の配合はこのレースで好走が多く、さらにボールドルーラー、リボー、ネヴァーベンドを持っていてこのコースで適性はありそう

函館1200mでの成績も良く、去年のこのレースでは0.3秒差の5着と差のない競馬をしており、適性は示してあるので、あとは枠順、展開次第では、1発あっておかしくはなく、狙ってみたい馬

 

追い切りもよく、1週前で坂路で馬なりでなかなかの好時計を出していて、最後までしっかり伸びているので体調は良さそう

最終追い切りがダートでの追い切りが気になるところだが、楽しみな馬

 

総合評価C+

アスターペガサス

血統B

調教C

 

ダイメイフジ 

血統B

調教C

 

総合評価C

カイザーメランジェ 

血統C

調教C

 

シュウジ

血統C

調教C

 

ダノンスマッシュ

血統C

調教C

 


トウショウピスト

血統C

調教C

 

ユキノアオイロス

血統C

調教C

 

リナーテ

血統C

調教C

 

最上位評価はタワーオブロンドンのB+でした次にBランクのライトオンキュー、タマモブリリアンと続いています

函館SSの簡単な血統分析

おはようございます

今日は函館SSの簡単な血統分析をしていきたいと思います

先週マーメイドSはこの血統分析で注目した7番人気◎サラスが見事に1着となり高配当をプレゼントしてくれました

今週も先週同様に当てていきたいと思います

 

 

 

 

函館SSの簡単な血統分析

函館S S

2018年

1着アドマイヤムーン(米国ミスプロ)×ナスルーラ

2着マンハッタンカフェ(サンデー)×リボー

3着ダイワメジャー(サンデー)×ヘイロー


2017年

1着クロフネ(米国ノーザンダンサー)×サンデー

2着オレハマッテルゼ(サンデー)×米国ミスプロ

3着ファルブラヴ(欧州ノーザンダンサー)×サンデー


2016年

1着ダイワメジャー(サンデー)×欧州ナスルーラ

2着キンシャサノキセキ(サンデー)×欧州ミスプロ

3着キングカメハメハ(欧州ミスプロ)×サンデー


2015年

1着ストーミングホース(米国ミスプロ)×米国ノーザンダンサー

2着クロフネ(米国ノーザンダンサー)×日本ナスルーラ

3着クロフネ(米国ノーザンダンサー)×日本ナスルーラ


2014年

1着マンハッタンカフェ(サンデー)×欧州ノーザンダンサー

2着ウォーエンブレム(米国ミスプロ)×欧州ノーザンダンサー

3着バゴ(欧州ナスルーラ)×サンデー

 

 

過去5年の1着〜3着までの父系、母父系の系統です

15頭

サンデー系10頭(父6母父4)

ノーザンダンサー系7頭(米国4欧州3)

ミスプロ系6頭(米国4欧州2)

ナスルーラ系5頭

 

サンデー系が一番好走は多いですがこれといった偏りはなく、難しいです

強いて言えばナスルーラ系の好走が頭数の割に多いですね

 

それでは、もっと掘り下げたいと思います

近5年で

ボールドルーラー

リボー

の血を持っていた馬の好走が多く

ボールドルーラーは15時中14頭が持っていました

リボーを持っていた馬は10頭とこちらも好走がかなり多いです

それとリボーを持っていた10時全て、ボールドルーラーの血を持っていました

 

ここで注目したいのがボールドルーラー×リボーを両方持っている馬です

該当馬は

アスターペガサス

カイザーメランジェ 

シュウジ

タマモブリリアン

タワーオブロンドン

ダイメイフジ 

ティーハーフ

デアレガーロ

ライトオンキュー

9頭が該当しました

 

全く絞れませんでした(笑)

 

ここでもう少し掘り下げると、ボールドルーラー×リボーを持っている馬10頭中6頭の馬が欧州ナスルーラ系のネヴァーベンドの血を持っていました

上記9頭の内ネヴァーベンドを持っている馬は

アスターペガサス

タマモブリリアン

タワーオブロンドン

ティーハーフ

ライトオンキュー

この5頭です

 

だいぶ絞れたのですが、もう少し絞ってみたいと思います

 

このレースの父系、母父系の系統に戻ると

過去15年1着〜3着までの系統

15頭

サンデー系10頭(父6母父4)

ノーザンダンサー系7頭(米国4欧州3)

ミスプロ系6頭(米国4欧州2)

ナスルーラ系5頭

 

ナスルーラ系の好走が多く、注目してみたいと思います

上記5頭の内、父系、母父系どちらかがナスルーラ系の馬は

タワーオブロンドン

1頭です

なので、今年の函館SSでは、タワーオブロンドンを血統分析から注目したいと思います

 

ユニコーンSの簡単な血統分析

おはようございます

今日はユニコーンSの簡単な血統分析をしていきたいと思います

 

 

ユニコーンSの簡単な血統分析

2018年

1着シンボリクリスエス(ロベルト)×サンデー

2着キンカメ(欧州ミスプロ)×サンデー

3着トランセンド(ニアーティック)×米国ミスプロ


2017年

1着ゴールドアリュール(サンデー)×米国ミスプロ

2着ファリスエフ(欧州ノーザンダンサー)×ニアーティック

3着シンボリクリスエス(欧州ロベルト)×サンデー


2016年 

1着ゴールドアリュール(サンデー)×米国ノーザンダンサー

2着(米国ナスルーラ)×米国ミスプロ

3着ネオユニヴァース(サンデー)×欧州ミスプロ


2015年

1着トワイニング(米国ミスプロ)×サンデー

2着アドマイヤオーラ(サンデー)×米国ノーザンダンサー

3着カネヒキリ(サンデー)×米国ミスプロ


2014年

1着ゴールドアリュール(サンデー)×米国ミスプロ

2着サウスヴィグラス(米国ミスプロ)×米国ミスプロ

3着シンボリクリスエス(欧州ロベルト)×サンデー

 

過去5年の1着〜3着までの系統です

15頭

サンデー系11(父6母父5)

ノーザンダンサー系3

ミスプロ系9(米国7欧州2)

ロベルト系3

 

サンデー系、ミスプロ系の好走が非常に多いのですが

父サンデー系の好走馬は主にネオユニヴァースカネヒキリゴールドアリュールなどの、ダートで良績を残した産駒の好走が多いです

 

ミスプロ系は父ミスプロ系の好走が3頭と少なく、母父ミスプロ系の好走が7頭と、母父ミスプロ系の好走が非常に多い印象

 

今年の登録馬で、父ダーと型サンデーの登録は無いので、あまり狙えない印象

 

ここで、注目したい種牡馬シンボリクリスエス

過去5年で3回の好走があり、その内2回が1着となかなかの成績を残しています

 

今年のシンボリクリスエス産駒は

ヴァイトブリック

この馬1頭です

母父もサンデー系でこのレースの好走も多く、血統分析からはヴァイトブリックを注目したいと思います